So-net無料ブログ作成

10月の気温

白山通り.JPG

 何と涼しいのか、東京の気温が10月初めの涼しさとなりました。ちなみの夜中の
1時が23.8℃、朝7時で22.7℃、昼の12時になるとさらに下がって20.5℃ですよ。
Tシャツ一枚では寒くなり長袖シャツを羽織りました。
 雨続きと日照不足で野菜が50%ほど値上がりしているとのニュースです。小笠原
あたりをうろついている台風15号が北上し、本州をかすめるようで、明日の気温は
何と最低19℃、最高で20℃の予報です。午後5時を過ぎて近所を一回り、明後日の
土曜、日曜に行われる簸川神社の祭礼の幟が目立つ。毎年3000円の寄付。
 高校仲間のNから電話、弁護士のKに連絡つかないと思ったら、原因不明でこの
一月の間入院し、今週退院するらしいと彼の事務所に聞いて分かった由。この歳に
なるとみんな具合悪くなるね。夕方檀家のOさんから電話、80歳を迎える彼も体調
不良とのこと。こんな電話ばかりで寂しい限り。
 出版のS舎Tさんから「こころ ころころ」について電話。この本に対するbーgの
気持ちを伝える。再来週、編集見本が出来たら十分赤字を入れて結構とのこと。
 絵は昨日に続きお香人形のスケッチです。

お香人形修正.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

アロマ

香立ていろいろ修正.jpg

 一時お香に凝って、色々なお香や香立てを集めたことがありました。朝、事務所に
着くとまずお線香を点け、ホッとするのです。別に事務所に異臭があるわけではなく
朝の空間に線香の香りが漂うと心が落ち着くのです。
 香には脳の働きを活性化する効果や精神を癒す効果、幸福感を与えたり集中力を
高めるなどの効果がありそうだと感じます。寺で香を炊くのも心を落ち着けるため
だと思います。
 またbーgは香水の香りにふらっとしますが、あまり好きではない。自分の体臭を
隠すようだし、香水の甘い香りは人を惑わします。先日事務所に行った折、地下鉄
のエレベーターが閉まる寸前、若い男女が駆け込んで乗って来ました。地上から地下
3階に着くまでの数十秒、その男の体臭の臭いこと臭いこと。Tシャツのものすごく
饐えた匂いが狭い空間に充満し、たまらなく降りたくなりましたね。消臭剤を撒きた
くなりました。自分で臭わないのかな。連れの女性はこの体臭が好きなのかね。
 先日mーkがトイレの防臭剤を買って来て置いたはいいが、香りが強すぎて蓋をした
ままに置いてあります。昔は便所に網に入った玉の樟脳をぶら下げました。いい香り
の反面、樟脳の匂いが便所の匂いを連想しました。子供の頃の思い出で、便所の汲み
取り「おわいや」と言いましたが、大小便を汲み取った後の家中に漂う強烈な匂いを
消すため、火鉢の炭火に醤油を垂らしたものでした。アロマの話が臭くなってしまっ
たお粗末な話。
 
 bーgの退院を知らせなかったので、大学仲間のMとTさんから心配の電話。また
最近体調悪くなり連絡取りづらくなったHに、彼女の甥のSさんが連絡を取ってくれて
久しぶりの会話。

nice!(0)  コメント(0) 

mーk誕生日

ライン1.jpg

 今日はmーkの74歳の誕生日でした。それらしいお祝いなしに1日終わりまし
たが、むすめと孫二人から忘れずに誕生祝いのラインが届きました。覚えていて
くれてありがとう。bーgと二人、まあまあ元気でいられる有り難さに感謝です。

ライン2.jpg
ライン3.jpg

 今朝6時ちょっと前、北朝鮮がまたまた弾道ミサイル1発を発射、日本上空を
飛び越して、襟裳岬東方1180kmの太平洋上に落下。北海道や東日本の携帯に
Jアラートが鳴りました。何を考えているのか、不気味な国ですね。怖いです。

 朝日新聞にシンポジウム「宗教から現代社会を問う」の記事が出ていました。
池上彰さんと佐藤優さんの対談に納得。
 「一万円札のもとは20数円、これに価値を求めるのは『拝金教』という宗教を
信じていること」「私たちは、神といった超越的な存在を信じるのを宗教と考え
ています」「お金という神様がいる資本主義。その中で、私たちはどのように
『良く生きる』ことができるでしょうか」「虐げられている者や貧しい者に寄り
添う。宗教者にはそういうことこそが求められています」「お金や資本の論理で
はなく、そうした人たちとともにある。イスラム教、キリスト教、仏教といった
世界宗教にはそんな普遍性があります」
 羽田孜短命内閣の元首相、77歳で政界を引退し老衰で今日死去82歳。
入浴時に体重計測すると52.3kg、2週前の入院時には51.8kgでした。抗がん剤を
飲まなくなって食欲がちょっと出て来た気がします。その現れか二週間で1.5kgも
増えましたよ。

nice!(0)  コメント(0) 

残暑見舞い

秋 2.JPG

 暦では残暑は立秋(8月7日)から秋分(9月23日)まで、残暑見舞いは立秋から
二十四節気の一つ白露(9月7日)までに出すといいとありましたが、8月いっぱい
に出さないと遅い感じがします。というわけで、昨日のブログで一枚ご披露した残暑
見舞いがもう少しあって、以前アップしたかも知れませんが、もう一度載せてみます。
 今日は30℃を超えない残暑でしたが、明日は超える真夏日になりそうです。昔は
暑い暑いと言いながら夏を楽しみました。クーラーなんてないので団扇で涼を取り、
氷水で冷やしたスイカをがぶつきました。「よくぞ男に生れける」とばかりステテコ
姿で、外に竹製の縁台を出し、蚊取り線香を火種に花火を楽しみました。身近に夏を
楽しむすべを知っていましたね。
 小石を両端に結んだタコ糸を空中に投げてギンヤンマを絡め取ったり、駄菓子屋で
売っていた鳥もちで赤とんぼを追ったなあ。いまでは家の外で子供の遊ぶ声が全く聞
こえません。東京でも人々が自然と共生していました。

残暑見舞赤とんぼm.jpg 残暑見舞4m.jpg

残暑見舞2.jpg 残暑見舞3.jpg

 今日は事務所に出て、D生命のSさんに来て貰ってJの退社に伴う解約の手続き。
3時からS社のTさん、Oさん来社。「こころ ころころ」(仮題)の打ち合わせ。
2週後にまた打ち合わせの約束。



nice!(0)  コメント(0) 

秋の気配

フウセンカズラ1.JPG

 今日の東京の気温は30℃に届かず過ごしやすく、秋が近い気配を感じました。
一日家で過ごし、これでは運動不足になると、夕方6時になって散歩に近くを一周。
外に出てみると6時なのにもう日が暮れ始め、入り日が早くなったなと実感しました。
 風も涼しくたそがれの中、隣のビルの垣根にからむフウセンカズラの姿が涼しげで、
喫茶店の氷の暖簾も心なしか秋を感じます。向島百花園では「萩まつり」や江戸時代
から続く伝統行事「虫ききの会」が行われているそうです。家の周りでは、まだ虫の
すだきが聞けません。

夜の店.JPG

 下は以前残暑見舞いで作った葉書の一枚。
残暑見舞1m.jpg

nice!(0)  コメント(2) 

血圧

血圧.JPG

 抗がん剤を飲んでいると血圧が上がると言われていましたが、それほど上がらず
最高で150くらいでした。数年前から下が90以上で、高血圧の薬をずーっと飲み
続けています。年をとるとみな高血圧症と診断され、薬を飲んでいる仲間は多い。
 150前後なら大丈夫とのことで、今はアテディオという高血圧症の薬を毎朝1錠
服用しています。今度の入院以降、抗がん剤を止めたせいか入院中から血圧が低く
なり、上が100前後で安定しています。今夜も夕食後に測ったらこの数字。入院中
に血液酸素の数字も99とか98で、貧血はしていないと言われました。
 ただ、お見せできないが髪の毛はごっそり抜けたまま、抗がん剤を止めると生え
始めるらしいが、まだまだ先かな。それでも少ないなりに毛は伸びるもので、昨夜
mーkに切って貰いました。以前は電気バリカンとハサミで切り揃えて、髪の毛が
手のひらいっぱいになってその量を自慢でしたが、昨夜はほんのひとつまみ。薬を
飲み始め毛がなくなり始めてからは、ドライヤーと櫛が全く必要なくなりました。
抗がん剤を飲まなくなったので、ドライヤーと櫛がまた使うようになるか?

nice!(0)  コメント(0) 

食欲

35℃.JPG

 今日は給料日、経理のHさんと会うために事務所にゆく。Jの7月で退社による体制、
D生命保険のSさんとの連絡、bーg給料ゼロにする話などいろいろ。T宣商Tさん来社。
寺だより手直しして200枚印刷。
 帰路、新富町駅に向かう築地の空、気温35℃の遅い夏の雲。巣鴨アトレで買った
弁当で夕食。今までのbーgにしては多い量ですが完食。体調のいい証拠かな。

弁当.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

ブログ12周年

積み木.JPG

 今日はmーkとの第37回目の結婚記念日。12年前の今日、思い立ってブログを始め
ました。それから入院でICUに入っていた時を除き、1日も休まずアップして4406回
を迎えました。明日から13年目に突入で、bーgの歴史を書き続けたいと思います。

 昨日退院したばかりのひいじいちゃんを見舞いに、ひ孫のほーちゃんが我が家に
来てくれました。一歳3ヶ月ちょっとになり、みるみる育って知恵がついて来ました。
こちらが話す言葉も理解するし、自分で遊びを見つけるようです。

積み木2.JPG

 最近は積み木に凝っていて、ドリンクの紙パックをバランスを考えながら積み上げる
のが好きで、何度も失敗しても飽きずに繰り返すのです。最近は、自分を飾ることも
覚え、ポリ容器を帽子にしたり、シャツを首に巻いてお洒落をしたりして。目のない
ジジババは可愛くて可愛くて、ますます目を細めています。

おしゃれ2.JPG おしゃれ1.JPG

 今朝、京都のちょっと遠い親戚のHさんから、京都土産の詰み合わせが届きました。
届くと同時に電話あり、昭和2年生まれの彼女は91歳なのに声もしっかり、「昔を知る
人が少なくなって…」コーラスもしているとか、若いbーgが元気を貰いました。

nice!(0)  コメント(0) 

今日は処暑

窓の景色.JPG

 病室の大きなガラス窓は南向きで、ベッドから寝ていても空が眺められ飽きません。
今朝は久しぶりに青空が広がり良い気分です。でも午後から雲が広がって来ましたが。

雲.JPG

 今日は二十四節気で処暑、暑さがやむ筈が猛暑日となり急に夏の暑さがぶり返して
来ました。ともかくおかしな気象続きです。1時間に6000回も雷に襲われたり、突如
の集中豪雨に襲われたり、関西では大停電があったようです。退院で病院の外に出た
途端、ムッとした空気に出会いました。

退院.JPG

夕飯.JPG

 午後3時半からのCT検査が10時半に急に呼ばれ一階へ、その後薬が渡され入院費が
示され、S医師の説明があると思い、退院予定の午後4時まで待ったが梨の礫でした。
二週後の通院日に説明するとのナースの知らせで、迎えに来たmーkとせがれとで家に
9日ぶりに戻りました。久しぶりの我が家の夕食。
 今まで4ヶ月半も服用した高価な抗がん剤ネクサバールは、飲まないでいいと言うの
です。この薬しか治療法がないと言われて副作用に耐え飲んだのに、全く効かなかった
のは誤診だったのか疑ってしまいます。今度の治療法が効果があったのかなかったのか、
退院前に説明して欲しかったです。まあ血液検査でよかったとだけ聞かされましたが、
何がよいのかも患者としては安心の言葉が聞きたいところ。まあ悪い方に取らず気に
せずですね。

nice!(0)  コメント(2) 

久しぶりの青空

青空.JPG

 東京では8月に入って日照時間が極めて少なく、土曜日のようはゲリラ豪雨を含め
雨の日が多く、今日雨が降ると22日間連日降雨の新記録になるそうです。今日昼頃
やっと真っ青とは言えないが青空が見え始めました。やっと明日から夏らしい35℃
を越す夏日になり、明日は退院するつもりのbーgに猛暑が待っているようです。
 2時にmーk来院、シャワーを手伝ってもらい、3時義弟Sが見舞いに来てくれる。
夕方ナースが明日の腹部~骨盤単純+造営CT検査のお知らせを部屋に持ってくる。
検査は昼食抜きで15時半に始まり、30分くらいで終わるかな。
 自分の体内にガンが巣食っている感じが全くないので、本当に僕はガンなの?と
思う程ですが、舐めてはいけないのでしょうね。ガンになれば寿命が短くなるのは
確かでしょう。でももう暫く元気でいたいものです。
 今日読んだ週刊朝日の帯津良一氏の「貝原益軒・養生訓」によれば巻第1の18に
「人の身は百年を以って期とす」とあり、寿命の短かった江戸時代でも、人の寿命
は100歳が上限と言っているのです。現代でもまあ100歳が限度でしょう。続いて
「上寿は百歳、中寿は80歳、下寿は60なり。60以上は長生なり。」中寿を過ぎた
bーgはありがたいことです。
 今回は火曜に入院し水曜退院で都合9日間の入院です。

nice!(0)  コメント(0)