So-net無料ブログ作成
検索選択

キャラメル

ヨーグルトキャラメル.jpg

 bーgが子供の頃のお菓子の代表は、何と言ってもキャラメルでしたね。昭和29年
大学を卒業し就職先を選んだのは森永製菓。当時はまだキャラメルの方がお菓子の
スターでした。今では考えられないでしょうが、チョコレートはちょっと贅沢で、
一般には手が出しにくいお菓子でした。
 キャラメルといえば森永で、製菓会社では森永の方が大きくて宣伝部には先輩を
含め、デザイナーがたくさんいた会社を就職先に選ぶのは当然でした。先輩Mさんの
デザインした森永キャラメルの新聞広告は、デザイナーの卵のbーgに魅惑的でした。
しかしながら不採用となり、続いて求人のあった明治製菓に採用となりました。
 明治製菓に入ってから「マーブルチョコレート」が爆発的に売れ、板チョコも山型
の「デラックスチョコレート」が発売、亀倉雄策さんのデザインで一新しました。
「チョコレートは明治」のいずみたく作曲のコマーシャルソングで、キャラメルから
チョコレートに菓子の主座が変わりました。
 明治もキャラメルを作り続けていましたが、昨年全てのキャラメルが撤退。あの
1972年から製造販売していたロングセラーの「サイコロキャラメル」も販売終了。
しかし惜しむ声で北海道限定で復活して、アマゾンを通して買えるようです。写真
ヨーグルトキャラメル」はbーgデザイン。もうどこにも売っていません。
 キャラメルの森永が持っていた6割のシェアも、近年は「歯にくっつきやすい」と
敬遠する若年層がいて、定番商品も苦戦しているようです。

 今日は7月最後の金曜日、数ヶ月前に始まった「プレミアム・フライデー」ですが
もう誰も口にしなくなりましたね。午後3時で仕事を辞め、ゆっくりウイークエンド
を過ごせるのは大会社の社員だけ。bーgは朝から事務所に出て4時まで仕事でした。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。