So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

父の日に

父の日.jpg

 娘から父の日のプレゼントが、「ほんのきもち」のメッセージと共に贈られて来ました。
ブログでbーg達がよく映画を観に行くのを知っていて、TOHO CINEMAS の GIFT CARD
でした。ちょうど是枝監督の映画「万引き家族」を観たいと思っていたのでありがたい。
 父の日は日本ではまだ影が薄いね。母の日は戦後に制定されて、よく普及しているけれど
母の日も父の日も100年前にアメリカで制定されたのに、父の日はデパートのキャンペーン
で作られたような感じです。

 今日の散歩は再び谷中に決めました。先日出掛けて会えなかった古い知人のTさんのお店
アンティーク「ガルボ」に行く前に、千駄木バス停横の昼飯や「利さく」での週替わりの
おにぎりランチ800円を食べるのもプランのうち。ぶりカツタルタル添えともっちり玄米の
おにぎり、プラスお好みのおにぎりがもう一つ付くのです。bーgは深川と言う浅蜊を注文
小さな店ですが、安くて美味しくておすすめです。

昼飯.jpg

 ガルボのTさんはbーgがM社にいた頃に仕事を一緒にしてカメラマンで、彼女への手土産
にM社のチョコレート「GALBO」と「THE 」を持参。1時間以上もお店の中で明るく品の
良い彼女との楽しい会話をして、谷中せんべいをまた買って、千駄木からまたビーグルに
乗って帰宅。今日のウォーキングは、たったの1530歩。でも疲れました。
 朝のうち、数日前に施設に入ったHさんと電話でき、明るい声に一安心。夜にはひ孫の
ほーちゃんからライン電話を長々して喜ぶジジババでした。

ガルボ.jpg

店の中.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

くら寿司へ

くら寿司.jpg

 夕方、孫のKからくら寿司を予約したから行かないかとの電話、OKしたが夜の8時半
からだという。朝に電話してこの時間になるほどなのです。明日が父の日だけれども
今日は土曜日だから混むのでしょうね。
 何しろ一皿100円は安いね。6人で腹一杯食べて6,000円でお釣り。5皿食べてお皿を
カウンター回収システムに投入すると、1回「ビッくらポン」というガチャポンで景品が
当たるので、最後にもう一皿食べて都合小さな根付を2つゲット。mーkのおごりで10時
半に帰宅。せがれの車で往復。

ビッくらポン.jpg

 昼過ぎにMさん来訪、坐禅会の仲間とタケノコ狩りに行った帰り、土産に何本か置いて
行ってくれました。細くて長いタケノコで、下の部分が竹になっているのです。皮を剥き
湯がくと案外柔らかく食べられそうです。いつも有難うございます。
 今日は時折小雨降る肌寒くて、一枚余計に着込まないと震える気温でした。沖縄では
台風8号の接近で50年に一度の記録的な大雨。

タケノコ.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

故障

パンダ1.jpg

 ブログを入れようとしたら、またもや先日直して貰ったばかりのMac Book proの調子が悪く、
立ち上がらないので、修理して5日以内なら無料と言うことで修理会社に電話。明日来てくれる
とのこと。古いMac Book Airでこのブログ入れてます。ちなみにこのMac Book Airを見たのが
初めてだと修理会社の人が言ってました。
 b−gのコンピュータ知識は基本的なところだけで、今日も事務所での作業でイラストレータ
の難しいところはダメで、最後は原稿を受け取りに来た印刷会社の営業の人にお願いして完成。
まあこの年齢でこの程度まで出来るのは少ないよと自慢したのですがね。
 午後から昔b−g事務所にいたIさん来訪。横浜在住の彼女は地元振興のため、新しい製品を
創るボランティアをしています。b−gがちょっと製品企画のヒントのお手伝いをしました。

 ここまで打ったら修理会社の人から電話があり、言われるままに操作したら「ジャーン」の
音とともに簡単に立ち上がりました〜。動かないコンピュータはどうしようもないですね。

 今日の写真は上野観光連盟がお店の販促のために、10数年間作った希少動物をテーマにした
バッジです。これは4日前にアップした数年前にパンダの赤ちゃん騒ぎの時のもの。

パンダ2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ラクーアにて

シロタエギク.jpg

 朝から事務所での仕事を昼に終え、帰りがけに後楽園ラクーア「おぼんdeごはん」で
昼食を食べました。ここの食事はおかずが豊富だし、しかも美味しくリーズナブルなので
時折やって来ます。1時半頃この店にやって来ている人たちは、ベビーカーに赤ちゃんを
乗せたお母さんや女性のカップルが多くて、男は少なくジジババはbーg達だけ。
 食後一階の広場のベンチで休んでいると、bーgの足元にスズメが一羽が飛んで来てね、
餌があるのかチョンチョン啄ばみ、飛び上がっては人を恐れずテーブルや椅子の背に移る
のです。小林一茶の「我と来て遊べや親のない雀」を思い出しましたが、都会の雀では
情緒より餌探しの大変さが思われました。
 シロタエギクの不思議な白い葉と、名前がわからないのですが薄紫の花と色の対比が
目立って美しく、何でもかんでもスマホでパチリするbーg。雀の写真はInstagramに
すぐここから発信。

雀1.jpg

雀2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

遺伝

姉弟.jpg

 今日の6月13日は27年前に亡くなった母の誕生日です。生きていれば母は111歳、
父は118歳。子供の誕生日は忘れるのに母の明治40年6月13日や父の明治33年4月
1日の誕生日はしっかり覚えているのです。手先の器用だった母と文字や絵が上手か
った父の遺伝なのか、兄は毎日書道展の書家に、bーgはグラフィックデザイナーに
なりました。
 bーgの子供達も芸術方面に進み、長女はフルートを長男はデザインを専攻したのも、
父母から受け継いだ遺伝なのかなと思うことがあります。そして孫から送られてくる
ひ孫のほーちゃんも、お絵描きが好きだったりハサミを使うのが上手いので、これも
遺伝かも知れませんね。生まれて二月の「かんかん」はどんな道を進むのかな。

お絵描きアップ.jpg

 孫娘Mの描いた動物の絵に、ほーちゃんがちゃんと目や口を描き入れたり、ハサミ
で器用に紙を切ったり、バイキンマンの帽子にも目を入れたそうで、とても感心する
ジジババなのです。

お絵描き.jpg

ほーちゃん1.jpg ほーちゃん2.jpg

 今日も朝から事務所に出て「下町七夕まつり」の仕事で一日作業。

nice!(0)  コメント(0) 

米朝首脳会談

米朝階段.JPG

 今日の大ニュースは、何日も前から報じられていた米国トランプ大統領と北朝鮮の
金正恩労働党委員長が、シンガポールで行なった会談でしょう。でも今まで交わした
「チビのロケットマン」とか「老いぼれの狂人」となじりあった人達が、にわかに
心から信頼し合えるものでしょうか。
 共同宣言で「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」の具体的な話はなく、拉致の
問題もうやむやだし、目標の「完全非核化」は全く信じられないです。

 朝から事務所で下町七夕まつりのチラシ作り。Tさんも一緒で一日掛かって出来上
がる。事務所への往復にタクシー利用。

nice!(0)  コメント(0) 

シャンシャン誕生日

リーリーとシンシン.JPG

 上野動物園のパンダ、リーリーとシンシンの赤ちゃん「シャンシャン」が生まれて
明日は1歳の誕生日のはずです。シャンシャンをはおろか上野辺りに住んでいるのに
bーgはまだパンダの本物に会っていません。
 多分2011年頃に、リーリーとシンシンが何頭目かのパンダとして上野動物園に
やって来た時、上野観光連盟の仕事をしていた関係で、のれんや駅貼りのポスター、
地下道へのエレベーター壁面にパンダや動物の絵を描いたのを思い出しました。
もしかしたら、その頃ブログを始めていたのでアップしていたかも知れませんがね。

パンダ.JPG

ぬいぐるみ.JPG

 今日は台風5号の影響で一日中雨、パソコンが昨日から調子悪くなり、今朝ネット
で修理屋を探して申し込んだら、早速夕方にきてくれました。マックのお店で頼むと
一番良いのでしょうが、行くのも辛いし待たされては尚更なんで頼みました。雨の中
4時に来て何と7時まで掛かって診てくれて2万円も支払い、もう一度試したらあらら
直っていないのですよ。保証期間は5日間ですが最後まで診ますと言って今日は一旦
帰りましたが、大丈夫かな? 心許ない修理屋でした。

nice!(1)  コメント(0) 

谷中生姜

やなかしょうが.jpg
 明治以前は谷中辺りは畑が広がっていたらしい。巣鴨の先が水源だった藍染川は
田んぼの中を流れて、昔bーgが住んでいた家の前を通り不忍池に注いでいました。
bーgの両親と従姉妹や近所の子供たちが集まって撮った写真の右上の学生服が兄、
その下がbーgの小学3年頃。この門前に暗渠になった藍染川が流れていたのです。

太田屋.JPG

清水町どぶ.JPG

 根津とか谷中といった地名は、昔は東京湾の海が流れ込んでいたからでしょう。
bーgの子供の頃の電車の停留所名は「藍染橋」でしたが、後に根津宮永町となり
今では根津1丁目。昔の写真のように田んぼがあったから「谷中しょうが」の名前
が残っている訳ですが、今では「谷中しょうが」や「藍染川」の名を知っている人
はごく稀だろね。文京ふるさと歴史館に、昔の藍染川の写真が残ってます。ネット
で探した流域図と一緒に。

藍染川流域.jpg

文京ふるさと歴史館.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

坐禅会

後楽園1.jpg

 先月の坐禅会は軽井沢で連休を過ごし欠席してしまいましたが、30℃を越す暑さの
今日でしたが出掛けました。参加者は95人もあり階下も上の本堂も満員、提唱で二階
に全員集まり、その重さで根太が抜けないかと心配する人もいる程でした。
 N老師の提唱は碧巌録第86則「維摩不二法門」の長い則。自己中心で考えた是も、
他から見れば非になる。国と国の対立、人同士も同じで片方にこだわらない難しさ。
 二ヶ月ぶりに顔を見せたbーgに、皆さんが「元気になりましたね」と声をかけて
くれました。顔色がとても良いとか髪の毛が元どおりになったとか、bーgが嬉しく
なる言葉で嬉しくなりました。数人と白山下のG喫茶店でカレーの昼食、食後に家へ
帰る途中まで転ぶといけないとYさんが送ってくれました。
 写真は一昨日の後楽園風景です。

後楽園2.jpg

後楽園3.jpg

後楽園4.jpg 後楽園5.jpg

 坐禅会で、先月英国ケンブリッジから一年ぶりに帰国したOさんに、チョコレート
と壁掛けやテーブルクロスになる美しいtea towel のお土産を頂きました。

ケンブリッジ土産.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

谷中キッテ通り

ガルボ.jpg

 後楽園の続きを入れる予定でしたが、今日急に谷根千に行きたくなり、昼前から
出掛けたのでその話に変更です。谷根千とは文京区と台東区に接する谷中、根津、
千駄木のことで、森まゆみさんが作った地域雑誌「谷根千」から地名として定着し、
外人も訪ねるほど有名になりました。
 谷中はbーgの生まれて育ったところ、戦災を免れて昭和の空気が濃く流れる地域で
とても懐かしく、ここでアンティークの店「ガルボ」を開いているTさんに会いたく
なり出掛けました。彼女は元カメラマンで、若い頃仕事を一緒にしたものでした。
 染井墓地辺りから湧き出た小川が、明治まで畑だったこの辺りを通り、不忍池まで
流れていました。川のほとりに今でも残る藍染の店が作業をして、小川が藍色に染ま
ったから藍染川と呼ばれました。今は暗渠になり埋めたところが賑やかな商店街に、
蛇のように細くうねったところは「へび道」と呼ばれ、ユニークな店が並んでいます。
 その一本北側の道にも谷根千の観光客目当てに店が最近出来始め、昨年この通りを
「谷中キッテ通り」と名付けたことを昨日ネットで調べて知りました。「ガルボ」は
一番谷中の中心に近い所に位置しています。

キッテ通り.jpg

 キッテ通りの取っ付きにあるお店でカレーを食べて出発、鳥のいるカフェや猫専門
の書店、革細工の店、木工工作所、ジュエリーの店など見ながら「ガルボ」に到着し
たら、彼女はヨーロッパにアンティークの買い付けで出張中との張り紙、店は閉まっ
ていてがっくり。なので明治まで菊の名所だった団子坂下の銘菓「菊見せんべい」を
2袋買ってビーグルで4時帰宅しました。

カレー.jpg

オーム.jpg 猫町.jpg

谷根千.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -